原因を知る

2粒のサプリ

AGAの原因は人によって様々です。遺伝によって発症する男性もいれば、男性ホルモンのバランスがおかしくなってAGAを引き起こす男性もいます。また、精神的ストレスが原因で発症される事もあります。その中でも一番多く見られるのが、男性ホルモンの乱れによる抜け毛です。「ジヒドロテストステロン」というホルモンが高濃度になってしまうと、ヘアサイクルが正常に回らなくなり、抜け毛がどんどん増えてしまいます。正常のヘアサイクルでは、髪の毛の成長期が2年~6年続くのに対し、AGAのヘアサイクルでは成長期が3ヶ月程しか持ちません。成長期が終わると、退行期が訪れ、髪の毛が抜け落ちていきます。

ジヒドロテストステロンが原因で発症するAGAも多いですが、遺伝によってAGAになる男性も多いです。男性は母親方のDNAを強く引き継いでいるので、母親、もしくは母親方の両親どちらかが薄毛の場合は、高い確率でAGAになります。遺伝の場合は薄くなる前に、自身がAGAになる確率が高いと判断出来るので、事前にプロペシアなどで予防する事が出来ます。副作用が少ないプロペシアを服用し、抜け毛を阻止して丈夫な髪の毛を育てる事が出来ます。遺伝の可能性が高いと分かっていながら何も対処せずに放置してしまうと、AGAが進行してしまうので注意が必要です。早い段階で副作用の少ないプロペシアを服用するか、あるいは頭皮に直接塗布する育毛剤を使用して、抜け毛を防ぐようにします。